LINE友だち追加であなたのダイエットを加速!

細マッチョに導く専門家 ジュンイチのブログ

筋トレの効果が出ないとき見直す4つのポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ
細マッチョに導く専門家 ジュンイチについて 個別レッスンを軸に対面とオンライン問わず指導しています。 炭水化物中毒だった中年が太らない体づくりをと思い筋トレを始める。 筋トレを通し自身が細マッチョになれた経験を生かしダイエットに悩むすべての人たちを日々細マッチョへと導いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!細マッチョトレーナーのジュンイチです。

ダイエットや肉体改造をしたくて筋トレを始める方は多いのですが、

思いのほか体が変化しなくて悩んでいる人が大半だと思います。

この記事では大まかに4つのポイントに分けて筋肉を成長させるために

絶対に欠かせない大切な説明をしていきます。

筋肉を大きく育てたり・ダイエットの為に引き締めたりするのは、

簡単ではありませんが、ポイントとコツがわかってれば苦労はしません。

理屈が分かれば後は体を動かすだけですからね!

それでは本文にまいりましょう!!

 

トレーニングの注意点

 

正しいトレーニングフォーム

トレーニングを終えて筋肉が「張っている・つりそう・プルプルする。」

こういった状態になっている人は対象の筋肉にしっかりと刺激のかかる

トレーニングができている証拠です。

反対に、「このトレーニング何回でもできる。」

という人は、負荷が逃げていて対象の筋肉から

刺激が逃げてしまっています。

人の顔もみんな違っているように、

あなたの骨格も違います。

それぞれトレーニングの基本フォームから

学んであなたの骨格に合わせてアレンジしていく必要があります。

このアレンジは上級者に見てもらうのが一番早いです。

試行錯誤して肉体を作り上げたいと考えている方は別です。

 

毎回同じ重量と回数になっていないか

筋肉の成長には漸進性過負荷の法則という大原則があります。

読めない…と思ったそこのあなた!

こちらで詳しく説明しています。

自重トレーニングなら次よりも多い回数、

ジムでトレーニングしているなら次よりも重い重量を扱うことが大切です。

 

一週間のトレーニング頻度と部位

週1回しか筋トレできていない人は良くて現状維持です。

効果を大きくしたいなら最低でも週3回は筋トレをしましょう。また毎回同じ部分の筋肉を鍛えていてもそこばかり鍛えられていくのでバランスの悪い体つきになりますし、ケガにつながる可能性もあります。全身をトレーニングしていきましょう。

例えば

自重トレーニングの場合は 月曜日に腕立てをして、水曜日に腹筋、金曜日にスクワットなど。

ジムに通っている場合は 月曜日に胸と肩 水曜日に脚と腹筋 金曜日に背中と腕と肩など。

頻度も部位も漸進性過負荷の法則に従いますから日々挑戦です!

 

飲酒習慣

 

トレーニングする日はお酒は控える

せっかくトレーニングしてもお酒を飲んでしまったら効果が半減してしまいます。

トレーニング後に筋肉の合成・骨の成長・体を作るうえで重要な成長ホルモンが分泌されます。

飲酒すると成長ホルモンの分泌が抑えられてしまいます。

脂肪の分解も妨げられてしまうので、トレーニングしたら飲まない習慣を作りましょう!

 

過度の飲酒はしない

350mlの缶ビールを2杯程度でしたらたまの晩酌も問題ありませんが、

それ以上のアルコール度が高いウイスキーやワインを一本空けるといった

ヒーロー的な飲酒は「筋破壊」を招きますので、ご用心ください。

体を作りたいのなら、その期間はお酒との距離を保つということが、ほんとに大切です。

 

睡眠

 

十分な睡眠がとれているか?

十分な睡眠がとれた!って個人差があると思います。

平均的には6~8時間が脳を休めるには良好とされています。

なぜ?脳を休める必要があるかというと、

これも「成長ホルモン」を十分に分泌させるために必要な睡眠だからです。

体は横になっているだけでいいそうです。

 

ストレス

 

私生活で過度のストレスを受けている

ストレスを継続的に受けていると「成長ホルモン」が分泌されにくくなります。

労働環境や私生活ではなるべくストレスを少なくすることが

あなたの筋肉成長のカギだったりするかもしれませんね!

 

まとめ

 

ここまで見られているなら全てご理解いただいてる事と思います。

あなたはどれだけあてはまったでしょうか?

ホントに上記で説明したポイントを解消できたら筋肉は素直に成長してくれます。

最後に裏技と言いますか、考え方として。

筋肉成長やダイエットにおいて最強の考え方を話して終わりたいと思います。

筋肉って私たち人間が意識的に使ったとしておよそ30%しか使えないんですってね。

なぜかというと、説明すると本が書けてしまうぐらいの文章量になってしまうので割愛しますが、簡単に説明しますね!

100%使ったとしたら、ベンチプレス(寝てバーベルを上げる種目)が1000㎏挙げられる筋肉量を持っているそうです。【70㎏の成人男性】

しかし、こんな偉業をこなしたら、筋肉は断裂し、骨は粉々に砕けるでしょうね。

脳は体を守るためにリミッターを保ってくれているのです。

トレーニングを重ねていくと、このリミッターも徐々に外れていきます。

さすがに、1000㎏は挙げられません。

体が少しずつ負荷に慣れていくのでダイエット・筋肥大効果もトレーニングを積めば積むほど体が受け入れていくんです。

筋肉痛もこれに関係しているそうですよ。大切なのは継続して漸進性過負荷の法則を無視しない事。

私たちトレーニー(体を鍛える人)は脳を騙し・体を騙し・我々の方が賢い立ち回りを選択することがトレーニングを熟知している人間のとれる行動です。

体をコントロールすることなんて簡単ですから!

それでは、また!

10人中10人が効果を実感した1週間で3キロ痩せられる食事管理術

1週間で3キロ痩せられる食事制限の手順書を無料でお配りしています!

これまで僕が経験したノウハウを全てつぎ込んだ一冊です。

今のうちにゲットしてください。

最後に特別なプレゼントもついてくるとか。

ぜひ、あなたのダイエットライフにお役立てください!

この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ
細マッチョに導く専門家 ジュンイチについて 個別レッスンを軸に対面とオンライン問わず指導しています。 炭水化物中毒だった中年が太らない体づくりをと思い筋トレを始める。 筋トレを通し自身が細マッチョになれた経験を生かしダイエットに悩むすべての人たちを日々細マッチョへと導いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© SPEEDY DIET , 2019 All Rights Reserved.